査・計測製品詳細

  1. HOME>
  2. 検査・計測製品詳細

ギアの不良検査装置

ギアの不良を検出

ギアは重度の力が掛かる為、製造時にクラックや欠けがあると致命的な欠陥になります。
これらの異常は、製造時の検査で検出する事が必須です。
本検査装置は、ギアのクラックや欠け等をラインセンサカメラ及びレーザーによる光切断で
検出する装置です。

機能概要

・レーザーを利用した光切断方式を採用し、カメラで取得したプロファイルデータを使って、
 インラインでの3次元測定を行います。
・リアルタイム検査:バッチ検査により、インラインでの良品/不良品の判別後、
 搬送側へ不良品の排除信号を出力します。
・クラックや欠けを長さ、幅、深さ等条件を指定して精度の高い検査を行います。

システム仕様

  項目 仕様
カメラ部 インターフェース GigE Vision
ピクセルサイズ(µm) 5.5×5.5
センササイズ(mm) 2/3" (対角12.75) CMOSIS CMV2000
解像度(H×V pixel) 2048×1088
フレームレート最大(fps:8bit/RAW) 360プロファイル
出力フォーマット(bit) 3D専用データ
シャッタースピード(s) 12.6μ-0.349
レーザー光源 青色(400~420nm)
データ プロファイルデータ
検査処理部 処理方式 光切断による検出
測定対象物と検出内容 ギアの歯面に対するクラック及び打痕
測定精度 検査スピード15.27㎜/S の場合、クラック幅30μ以上検出

処理の流れ

撮像⇒歯面情報切出し⇒形状検査⇒断面検査⇒判定結果⇒良品・不良品信号出力

形状検査の製品

1.カケの検出

2.バリの検出

3.クラックの検出

目的から探す